10/20/20体験シュノーケリング!小魚の大群に遭遇|南紀白浜権現崎

1組のゲスト様と体験シュノーケリングを開催しました。

ご一緒した皆様ありがとうございました。

10月20日-和歌山県南紀白浜の海

朝方は曇りがちでしたが、
海で遊ぶ頃には太陽の日差しバッチリのポカポカ陽気でした♪
白浜権現崎画像1

10/18/20の海情報:権現崎ビーチ

少しモヤがかって浮遊物も目立った海の中でしたが、
透明度はまずまずいい感じで、小魚たちもいっぱい観れました♫
白浜権現崎10月の水中画像1

午前中に体験シュノーケリング

白浜権現崎10月の水中画像3
今日の体験シュノーケリングは、修学旅行のいっかんとしての開催でした。

ご一緒したのは中学校の生徒2名様と担任の先生の3名様。
スパダイブ前記念撮影画像
シュノーケリング経験がほとんど無い方もいましたが、
実はほぼ熟練者でした(╹◡╹)

まずは浅場の砂底付近。
白浜権現崎10月の水中画像3
水面を少し移動すると!?
まもなくキビナゴの大群に巻き込まれました。
白浜権現崎10月の水中画像4
カンパチなどの捕食者側の魚出現を期待しましたが残念。
アオリイカの子供は水面付近をウロウロしてましたけどね。

思わず回してしまった動画はこちら。

グルグルがキラキラでパチパチでした。
白浜権現崎10月の水中画像5
とても海なれしている皆さんでしたが、
白浜自慢の真っ白な砂浜はめずらしかった様子。

日光浴がてら砂遊びも楽しかったようです。
白浜白良浜画像
ただ、この時期は水に浸かったの後に、
濡れたままのラッシュガード着用状態で風に当たっていると冷えます。
『気化熱現象』という化学現象が原因です。

逆に真夏はこの『気化熱現象』のおかげでクールダウンが見込めてよいのですが...

保温目的でウエットスーツ等の内側に着用するインナーは、
下のようなネオプレンゴム系の素材がおすすめです。

【説明】保温性や運動性を考慮したタイプをラインナップ。 ...ネオプレーン生地に発熱・保温性に優れたFIR赤外線起毛素材を合わせ、GULLインナーでは最高の保温性を実現。

海で会えた生物たち

本日の海ログ
◎権現崎: (天候) 晴(水温) 23.2℃ (透明度) 10m前後
(主な生物) キビナゴ大群、アケボノチョウチョウウオ幼魚、ゴマチョウチョウウオ幼魚、セグロチョウチョウウオ幼魚、フウライチョウチョウウオ幼魚、トゲチョウチョウウオ幼魚、チョウチョウウオ、ソラスズメダイ、オヤビッチャ、ヨスジフエダイ、キュウセンフエダイ、カゴカキダイ、クラカケモンガラ、ゴマモンガラ、コロダイ幼魚、ニジハギ、ニセカンランハギ、ニザダイ、カマス幼魚、イシモチ群れ、グレ群れ、アイゴ群れ、カサゴ、アオリイカなど
2020年10月撮影海フォトギャラリー|南紀白浜スパダイブ

10月20日の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事