CHARVELギターボディー改造その5&Washburn N4改造N5化|3/17/07

何故かお店がすっかり工房化・・・
木屑にまみれ握力作業にいそしんで(?)おりました。

そしてビルドアップされる器体は二体に増量。

前回の記事

からの経過。

CHARVELストラトtypギターのボディー改造その5-微調整と仕上げ

まず、強烈ノイズの原因が、
「インプットジャックのホットとアースが反対!」という、なんとも初歩的で恥ずかしい失敗によるものと判明したのが、もうずいぶん前。

それをなおして音出ししてみるも、何か気に入らない。
まず、サンバーストN4についてるリアピックアップ「Bill Lawrence L500」を外して改造中シャーベルギターへ移植。

と、やっぱりこれが一番!!
リアのハムバッカーピックアップはL500が断トツだな。
他に適うハムバッカーは見当たらない。

それでも中低域の硬質すぎる音と、あの中途半端な黒い板の見た目がどうしても気に入らない。
よって、やっぱり黒板は削り取ってしまうことにした。

硬い材なので削るのにとってもとっても難儀しました...

Washburn N4を改造してN5化

ファイル music20070317.jpg
一方、ピックアップを外してしまったサンバーストのwashburn N4。
L500を戻すか別のを付けるか考えてるうちに、新たな発想が!

シングルコイルのピックアップを付けてみようかな?

そういえばN5がそうだったな

N5欲しかったけど、市場では20万超えてて手が届かないし、嫌いなメイプル指板のモデルしかない・・・

じゃあ、自分で作るか!!
(指板もエボニーだし)

という流れから、N4をN5モドキへ改造開始。

【Washburn Nuno Models Diary Vol.10】N5

ここから頭の中がすっかり「考え中モード」へ突入。

アルミピックガードをどうしようか考えながら、とりあえずホームセンターへ足を運んでみる。

ありました!板材のアルミ!
でも「えっ?」と思うくらいの値段。
「なんかいい方法あるハズ」と、店内をブラブラブラブラと物色して回った結果。
ありました!台所用品売り場。
これなんていうんだったけ。パット?トレー?
値段は加工無しの板材の三分の一近く・・
(これってどういうこと?)

ちょっと材厚がイメージより薄そうなのが心配だけど、これでやってみることに決定!

持って帰ってさあどうしよう。
N5の現物があれば一番いいんだけど、無いししょうがないからfenderストラトのピックガードを参考に、N5の写真見ながら、現物に合わせながら、まず紙に絵を書き寸法を測り・・・。

こんなときにCADがあったら!!
AUTO CADってフリーソフトだっけ?
フリーソフトのCADの存在は知ってたけど、CAD使ってたときは製品のCADがあったから、わざわざフリーのソフト使ってみようと思わなかったんだよね・・

CADでやれば、はやいし正確だしきれいだし・・・とか無いものねだりの雑念を振り払いつつ手作業継続。

同時進行で、シャーベル黒板削り作業。
これがまたちょー大変。
硬いのなんのって、サンドペーパーじゃ全くらちがあかず、色々試した結果、手持ちの工具では、電動ドリルの先端に「錆び取ワイヤー」を取り付けてジュルジュル削る方法がベターということになり、この単純作業を延々・・・

何回充電を繰り返したことだろう・・
しかも黒い板がやっと無くなったと思ったら、その下にもまた違う色の変な木目の木が貼ってあり、また同様に削り削り・・・

やっと異種木材を全て削り取ったのがつい昨日。
そしてペーパーがけ。
ここでもう完全に嫌気が・・・

それより、ボディー表面をトータルで5mmくらいはたぶん削ったハズだから、このままでネック取り付けても高さが合わないと思い、ネックジョイント部も同様に削り落とし。

この部分だけは凸凹は禁物なので、順番にペーパーかけて平坦にして接合調整。

ボディーのペーパーがけは粗めのやつをざっとかけただけで、取りあえず組立&音出し。

\(^o^)/

大成功!!

ハッキリと音か変わった!
音の立ち上がりの速さと、各弦の輪郭、サスティンは改造前とは段違い。

ちなみに、弦は新しいのに変えたんではなく、前につけてたヤツを外して、そのまままた付けるという掟破りをしたにも関わらず、なのでなおさら◎。

なんというか、昔のカセットテープの話だけど、再生時に「ドルビーB」をonにしたときとoffにしたときの違い・・ってくらい、シャープになった。

あと高域がめちゃ鋭くなった。
鼓膜に衝撃が来る。

この感じはまさにRATTのwarren DeMartiniの「耳痛高域」
(指板がメイプルなのでちょうどあんなニュアンスのピーキーさ)

一方、低域の出は落ちたような気がするけど、僕には十分。
バスウッドだし、前のドンジャキより今くらいの方がちょうどいい。

ということで、現状で相当気に入ってしまった。
なので、オイフィニッシュするつもりだったボディには、なんかもったいないし、当面なんのフィニッシュもしないことにした。

あえていうとしたら、指板をエボニーかローズに変えたい。

それにしても、労力が報われて良かった良かった(^^♪

さて、N4改の方は。
センターピックアップ取り付け用に、ボディーのザグリ加工しつつ、ピックガードのデザインを決め、それをアルミトレーに書き写して、削りだし作業に入ったところ。

あと、H-H配線からS-S-S配線に変えるわけだから、ピックアップセレクターSWをどうするかが未決定。
たぶんまたボディーに穴をあけて5WAYのSWつけるだろうな。

ここ数日、久しぶりになんか頭を細かく使った。
前に設計開発の仕事してたときの感じの頭の使い方をした気がする。

構想を練って、あーだこーだと頭を捻って工夫し、絵を書き、試作作業をし、結果を評価してまた改良する・・・
結果が良ければ達成感と感動はひとしお。
ちょっと、昔(?)を思い出した感じだった。
まだ続くんだけど。

2006年製のヌーノ・ベッテンコートモデル N5のブラックカラーが入荷致しました。ピックアップにはSeymour DuncanのSTK-S5を搭載。クリームカラーのN5と違いステファンジョイント部にもボディーと同じブラックのカラーリング...

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事