googleが着々と推進する独自の(?)クラウド・コンピューティングのための足場を固めてきているようです。

「Google 日本語入力」はATOKやMS-IMEを超えることはできるのか、実際に使って実用に堪えるかどうか試してみた - GIGAZINE

【速攻レビュー】「Google 日本語入力」の脅威と課題-PC online

この「googleの日本語入力」、早速取り入れて使っています。
昔はATOK、ここ数年はマイクロソフトのMS-IMEと、一般的な日本語入力でガマン(?)してたんですが、コッチのほうが良さそうです。っていくか面白いです。
マイクロソフトの牙城がまた一つ崩されたようですね。

でも考えてみたら、これこそgoogleの得意分野なんだろうからもっと早く出てても良かったくらいなのに。

上の記事にもあったとおり、
「ここではき」まで入力した段階で、
「ここでは着物を脱いでください」と
「ここで履物を脱いでください」
の候補が勝手に現れます。
優秀です。

サジェスト機能というそうで、「入力したい内容をすべて入力し終える前に予想し、変換候補を表示する」機能が実用的で使えそうだ。
しばらくこのまま使い込んでみることにしました。
学習辞書が熟してきたらキーボード入力がかなり早くなりそうな気がする。

も一つ,「Google Chrome OSが来年2010年には!?」の記事関連で、もう具体的な発表がなされています。

Googleの独自OS「Google Chrome OS」を搭載したネットブックをAcerが業界に先駆けて発売する意向 - GIGAZINE

どんな価格設定されるのかも気になります。

追記:
さらにも一つ。
グーグル、「Google Public DNS」を発表--DNSサービスを提供:ニュース - CNET Japan

早速使ってますが、速度が体感出来るか?というと微妙です。
それにしてもほんと着々と足場固めが。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事