11/21/20体験ダイビング|店内で小さなお子様お預かり|南紀白浜

1組のゲスト様と体験ダイビングを開催しました。

ご一緒したお二人様!ありがとうございました。

11月21日-和歌山県南紀白浜の海

今日から少し寒くなるような話でしたが...


風は強めでしたが、
朝方はともかく、日中は意外と暖かかったです。

11/21/20の体験ダイビングと海情報

本日の水温は22.4℃。
ちなみに気温は17℃の予報。

体験ダイビングのお二人に加え、
今回は私もドライスーツにしました。

体感温度的にお二人はちょうどよかったか少し暑めだったかと思います。
スパダイブ前記念撮影画像
私個人的には色々動き回る作業もあったりしたのでとても暑かったです。

店に帰ってきた頃にはアゴから汗が滴り落ちてました^^;
ドライスーツを脱ぐとインナー衣料は汗でビッショリ!

中にはメッシュのラッシュとランニングタイツ着用のみなのに...
ウエットで良かったかも。

午前開始の体験ダイビング:権現崎ビーチ

少し前に体験ダイビングにチャレンジしたものの、
上手くいかなかった経験があるとか。

はなしをうかがうと「呼吸が苦しくなって..」のようでした。

呼吸に関することに十分注意を払いながら練習スタート。
といっても、実はいつも同様の説明をしただけです。

『水中で呼吸』

という慣れるはずもない行為。

どうしても「吸わなきゃ!」が先行し、
「息をはく」ことがおろそかになるのは普通のこと。

それを踏まえて、
『水の中で息をはく』割合を多めで開始し、呼気と吸気のバランスを取っていきます。
バランスがとれずに吸気ばかりだと、換気不足に陥って結果的に「酸欠」で苦しくなるからです。

それを踏まえての浅場の練習はスムーズに終え早速水中へ入りました。
白浜権現崎11月の水中画像1
早速ご希望だった水中撮影!

以前は「二人揃った水中写真」が残せず残念な思いをしたようです。
念願かなって良かったです!

水中を移動し始めてしばらくすると。

水中マスクに水は入ってきたことで軽く焦ったようです。
白浜権現崎11月の水中画像2
水中移動前に、水中マスクに入った水抜き練習はしっかりクリア済み。

練習時との違いは動くという「運動」や不安感。

マスクと顔の隙間から泡が出ていたので、
無意識に鼻呼吸割合があがってしまった様子です。

一度は水面に上がって仕切り直しましたが、
その後はずーっと水中で過ごせました!
白浜権現崎11月の水中画像3
魚の写真を撮影する余裕は有りませんでしたが、
スズメダイやチョウチョウウオ幼魚たちもしっかり健在でした。

あとハリセンボンやウツボも印象に残りました。
白浜権現崎11月の水中画像4
スキューバダイビングを終えて水から上がった際に、
「やったー!出来たー!」
って声が聞こえたときには私もとても嬉しかったです。

海で会えた生物たち

本日の海ログ
◎権現崎: (天候) はれ(水温) 22.4℃ (透明度) 4~8m
(主な生物) フウライチョウチョウウオ幼魚、チョウチョウウオ、ソラスズメダイ、ヨスジフエダイ、ニセカンランハギ、ハリセンボン、キタマクラ、ウツボ、カサゴなど
2020年11月撮影海フォトギャラリー|南紀白浜スパダイブ

体験ダイビング中は店内でお子様お預り

体験ダイビングをされたご両親には4歳と6歳という小さなお子様がいらっしゃいます。

今回のダイビングをご予約いただく前に、そのことについてのお問い合わせがありました。

ご親戚に預けてから出ることも可能ではあるけれど、
できれば旅行自体は子供たちも一緒がいい!

とのことで事前相談がありました。

私どもにも子供がいます。
一番下は6歳。
ご両親の気持ちはよくわかります。

「是非一緒にご来店ください。
ご両親が海へ行っている間は、店内でよければ子供たちをみておきますよ。
私どもの子供も学校・保育園が休みなので一緒に見る形で良ければ!?」

とのご提案をしたところ、

「是非に!」

となり、今回のご旅行が実現しました。

多人数のお子様を預かるということは難しいですが、
実は今回のようなケースは何度か経験があります。

ちなみに、私どもの子育て経験ですが、
現時点で、
・小学校6年生長女(12歳)
・小学校3年生次女(8歳)
・保育園年長の長男(5歳)
の3人を子育て中です。

『小さい子供がいるのでダイビングを諦めている』

というお父さん!お母さん!

一度当店まで気軽にご相談くださいませ。

11月21日の過去記事
2020 WORLD DIVE LIMITED EDITION DRY SUITS

期間・着数限定スペシャルデザイン
ワールドダイブ社の2020限定ドライスーツ登場
2020.9.1~2021.2.28まで

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事