ファイル sea20050923.jpg

本日の海ログ
◎三段壁:(天候)晴れ(水底温度)27.3℃(透明度)15m
(主な生物)レンテンヤッコ、ソラスズメダイ、キンギョハナダイ、ハコフグ幼魚、クマノミ、キビナゴ など
◎沈船:(天候)晴れ(水底温度)26.8℃(透明度)12~13m(主な生物)ネンブツダイ群れ、タカベ群れ、カンパチ、イサキ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、イガグリウミウシ、ハナミノカサゴ、ウツボ、オオモンハタ など
◎権現崎:(天候)晴れ(水底温度)27.2℃(透明度)3~10m
(主な生物)ソラスズメダイ、キヘリモンガラ幼魚、ムラサメモンガラ幼魚、オニオコゼ、ヒメユリハゼ、ハナハゼ、ダテハゼ、アカエイ、アナゴ、ハリセンボン、ホウセキキントキ幼魚、ネンブツダイ群れ、クロホシイシモチ、オヤビッチャ など

ちょうど一ヶ月ぶりのM村さん夫妻のフォトSPと本日からAOWスタートのY田さんにDM講習生のS司さんを加えた4名様との3ダイブでした。

1本目の三段壁では今年の春以降1番の透明度では?というきれいな海でした。
(残念ながら持参デジカメの電源の調子が悪くて画像無し・・・)

2本目の沈船でも10mを超える透明度で気持ちよく船の全景を見渡すことが出来ました。
そして魚達も!

さらに権現崎も透明度10m以上で、最終ダイブを締めくくるに相応しいリラックス・プカプカダイブでした。

来月は超忙しいといっていたM村さんでしたが、また時間出来たら連絡くださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事