子供たちとシュノーケリング|6/27/20権現崎ビーチ

本日6月27日(2020年)の白浜海情報など

今日は朝一番からいい天気。
でもなかなか蒸し暑く、遠目の空模様は微妙な感じから1日がスタート!

場所:権現崎ビーチ(和歌山県南紀白浜)

白浜権現崎風景画像
例の1件以来久しぶりのご予約!
やる気満々で予定していた午前中のシュノーケリングでしたが事情により中止。
でも、朝から完全に海モードになっていたので。

昼前に5歳の息子と8歳の娘を連れてシュノーケリングいくことにしました。

本日のシュノーケリング

白良浜へいってみると、浜の南側上空に霧霧霧!
異様な風景でした。
白良浜の霧景色画像
なんてことは、子どもたちにとってはなんの関係もなく。
海へと急ぎます。

子どもたちにとっては昨年8月以来遠ざかっているシュノーケリング。
娘の方は全く心配ないレベルで、フィンキックもバツグン!

いっぽう5歳の息子は、昨年8月にやっとできるようになったばかりと…

そんな心配はすぐに消えました。

実際に海に入ってしまえば全然平気。
昨年覚えたことはきっちり身体が覚えてるようで安心しました。

それと、やっぱりアレです。
ライフジャケットの安心感たるや!

これまでもずーっと毎回、シュノーケルするときは必ず着させてきました。
今シーズン初にもかかわらず、いきなり足のつかない深いところまで連れていったんですが特に何事もなく。

さて、海の中は久しぶりでちょっとひんやりしましたが、水温24℃とこの時期にしてはいい感じ。
そして想像通りあちこち海藻だらけ。
しばらく進むと青い熱帯魚ソラスズメダイが海藻上でいい感じに群れてました。
白浜権現崎6月の水中画像
タイガース模様のカゴカキダイやチョウチョウウオといった黄色柄の熱帯魚もあちこちで観れました。

そしてやっぱり今の海藻の時期といえば!?
白浜権現崎6月海藻中のアオリイカ卵画像
なんといってもこの「アオリイカの卵」です。

今回確認できた卵は孵化直前卵が多かったです。
浮遊中のをてにとって、ゴニョゴニョすると…
白浜権現崎6月アオリイカ卵画像
産まれるとリーソク墨をはきます。

そんなこんなでプカプカ3人でほどよい時間漂って上がりました。

やっぱり海は気持ちいいです(╹◡╹)

本日の海とで会えた生物たち

本日の海ログ
◎権現崎: (天候) 晴れ時々くもり (水温) 24.3℃ (透明度) 10m以上
(主な生物) ソラスズメダイ群れ、カゴカキダイ、チョウチョウウオ、アオリイカ卵、ニシキベラ、チヌ、グレなど

白良浜6月浅瀬画像

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事