やっときた夏!?二人で体験シュノーケリング|7/29/20

7月29日(2020年)の南紀白浜海情報など

今日は朝からスカッと晴れていい天気。
モワッと感は少し残るけど、やっと梅雨明けの雰囲気を味わえた一日でした。

白良浜も海水浴客でにぎわいはじめました。
本来なら明日7/30は「花火フェスティバル」ということで浜は大賑わいのはずなんだけど...

体験シュノーケリング:権現崎ビーチ

昼からゲスト1名様と二人でシュノーケリングしてきました。
白浜権現崎7月の水中画像
リゾートバイトでちょっとの間白浜住民として過ごした彼女。
本日白浜最終日とのことで、午前中は円月島まで散歩してグラスボートで海底観光。

そして昼からは実際に海へ入ってシュノーケリングとのこと。

水に入ると、
陽射しガンガンの浅場の温水のような水。
ちょっと深めのところから上がってくる冷ための水。
移動していくと水温が移りかわって面白いです。

今日のお魚は、キラキラ群れて移動する大小のイワ達が目立ちました。
あと青いソラスズメダイは砂の中に入ったり出たり。
白浜権現崎海藻と熱帯魚画像
それになんといってもこの時期の特徴は、
海底を覆い尽くすかのような海藻です。

ゲスト様はポツリと言いました。

『海の中に沈んだ”森”の上を飛んでるような・・・』

本日の海とで会えた生物たち

本日の海ログ
◎権現崎: (天候) 晴れ (水温) 23.4~27.5℃ (透明度) 3~6m
(主な生物) ソラスズメダイ群れ、イワシ群れ、アジ、チョウチョウウオ、シマアジ、シマキンチャクフグ、アオリイカ卵、ニシキベラ、チヌ、グレ、サラサウミウシなど
2020年7月撮影海フォトギャラリー|南紀白浜スパダイブ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事