ファイル sea20060505.jpg

本日の海ログ
◎権現崎:(天候)晴れ(水底温度)19.0℃(透明度)6~10m
(主な生物)アオリイカ、アジ幼魚群れ、キビナゴ群れ、ミギマキ幼魚、チョウチョウウオ、クマノミ、クロホシイシモチ、ハリセンボン、ハナハゼ、コブヌメリ、ニジギンポ、ユビノウハナガサウミウシ、サラサウミウシ、メリベウミウシ など

引き続きすばらしい天候の中、2日目のOWDコースは超順調に進行中です。
難なく学科テストもクリアし、海の方も残すところ明日の1ダイブのみとなりました。

K藤さん!今日の2ダイブ目からは水中の姿が見違えるようでした(^^♪
特に水中移動でプカプカ漂いながら、昨日とは違って、楽しそうに色んな魚に目移りさせている様子には微笑まずにはいられませんでしたよ。
明日が楽しみ!
そして沈船ボートもね(^_-)-☆

2本目からは、兵庫県よりベテランダイバーのK保さんがご一緒してくれました。
約1年ぶりのダイブということのようでしたが、たまには今日みたいに初心に戻ったような新鮮さを味わうのもいいものでは?
またのんびりご一緒しましょう!
ありがとうございました。

ところで、本日おとなりのすさみ町でダイビング中の死亡事故があったみたいです。亡くなられたのは50歳代の男性2名。経験が2年と8年でインストラクター等をつけずにチャーターボートによるダイビングをしていて起こった事故のようです。
これ以上の詳しい情報はまだ入手できていませんが、受けた印象としては、適切な知識や経験が不足している状態で、安易な気持ちでセルフダイビングに走った(もしくは誰かが引き込んだのでは?)ことが問題のように感じます。

セルフダイビングをするのも楽しいも
のですし、出来るようになるのがダイビングという遊びの到達点のようにも思います。
(当店でも、「安全に楽しくセルフダイビングすることができる様なダイバーを育成する」ことを到達点の一つに置いています)

ただし、適切な知識と経験は必要です。その部分を補ったり、身に付くよう導いたりするために我々のようなプロのインストラクターがいるのですから・・・
そして、海をなめてはいけません。
事故現場の海上は波はなく穏やかだったとのこと・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事