ファイル sea20060326.jpg

毎年恒例の白崎ダイビングプールで行われている器材モニター会へ参加してきました。
ご一緒したのは、お馴染みtakaさんとたけやんさん。
ちょうど重器材セットはこれからというお二人だったので、何種類も実際に試用できて良かったですね。
10時~15時までたっぷり水中を堪能してきました。(手がふやふや^_^;)

モニター出来たブランドは、GULL、アクアラング系、マレス、クレッシーサブ。
(今年はTUSAが参加していなかったなー??)
まずはあれこれ新商品を物色。
目玉はGULLのフィンニューモデルの2点とアクアラングのニューマスク&スノーケル。

まず、GULLのバラクーダフィン。
長い、重い、でも早い。という感じで、やはりスクーバダイビングで常用するには取り回しが・・
(ちなみに脚力がないと足攣ります)

対してCOCOフィンは滑らか、やさしい、フィット感良し。女性の初心者にもってこいの感じでした。
アクアラングのマスクも無難に○。
今年は新しいのはそれくらいだったかな。

3人であれこれ試しつつマイペースで水中中性浮力練習とフィンキック練習に明け暮れた一日。
こんな日があってもおもしろい。

午後からアルキメデスが開催中のインストラクターコースを少しだけお手伝い(というか押しかけ参加)。
3名の受講生と2名のスタッフに加わってレスキューコースプレゼン実習。
全員気心が知れたメンバーなので和気あいあいとやってました。
やっぱりイントラコースもおもしろい!
ついでに800mのスノーケリングスイムにも参加。
モニター品の3点を装着してスタート。
いきなり水着のひもの締めがゆるくてずれる・・・
しばらくすると、モニター品の女性用-小径スノーケルの影響で超呼吸困難に・・・
さらにハードですばらしい推進力を与えてくれていた黒のワープフィンが、足の筋力の持久力を高速消耗・・・
そしてそもそもの運動不足により・・・
で、今回はあっさり途中撤退することにしました。

さあこのモニター会が終わるといよいよ春!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事