ファイル sea20070716.jpg

本日の海ログ
◎権現崎:
(天候)快晴
(水底温度)21.2~24.1℃
(透明度)1~3m
(主な生物)ソウシハギ、ソラスズメダイ、クマノミ、アカエイ、クロホシイシモチ、など

今日は昼前からすばらしい青空。
the台風一過!
じめじめした感じのしない、程よい風もふいていていい気候でした。
夏モードです。

やっぱり海の日あたりを境に、しらら浜は凄くなります。
毎年、はっきりしてます。
浜だけでなく、その周辺の道路も若い男女が水着姿のまま何の気後れも無くアチコチうろうろ(^^♪

海の方は。
朝方はまだ残っていた波・うねりでしたが、時間が経つにつれみるみる回復。
昼過ぎには全く問題ないレベルまで収まってました。

ただ、水中視界はまだ駄目です。
朝方などは、海を見渡すと一面エメラルドグリーン。
まあある意味、強い太陽の光と合わせって、南国の雰囲気満載の色合いで綺麗なのですが、水中の実情は・・・

特に海へ入る予定は無かったのですが、結果的に午後からビーチダイブを2本潜ってきました。

しかしこれがまた、ちょうダイビング日和で・・・
「水中も綺麗なことを祈って・・・」
など期待は全くしていませんで、視界悪を最大限覚悟。

海水浴客もいっぱい水に浮かんでるし、で、中に入ってみると案の定・・・
それでも砂地の浅場はそれなりにみえてますが、ドラ○もん辺りまで進むと、っていうかドラ○もんが「い・な・い」

いえ居ないんです。

いえ居ました。
5,6m先でうつぶせになって、うねり攻撃を回避して御座ったご様子。
元にお戻しするにはあまりに視界が悪いため、その場で起立いただくに留め置くことにしておきました。

しかしアレです。

今日は、中世浮力とナビゲーションという、2本ともはっきりとしたテーマをもって潜っていたので、色々試行錯誤したり何かを達成したり感で充実できましたが、これがただのファンダイブだと・・・
ガイドする立場も中々きついものがあります。

心配なナビゲーションも、しっかり達成!

終わってみれば、充実した2本でした。

頭の中でちらっと、6月の大阪海遊館前でゴミ拾いダイブしたときの景色がダブったことは内緒。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事