円月島&権現崎ビーチダイブ|再結成VAN HALEN|11/22/2007南紀白浜

今日はボート予定だったのですが、朝一のボートから連絡が入り、強風・高波の為ボートはクローズ。

で、ビーチで潜ってきました。

円月島&権現崎ビーチファンダイブ|南紀白浜

ちなみに、今日潜った権現崎と円月島は、強い北風にはめっぽう強いポイント。
両方とも、殆ど波のキツさは感じることなく潜れました。

円月島の方は、ちょっと歩いたり泳いだりの移動が多くてアレでしたが、島の裏まで回るとサンゴの群生がたくさん観られます。
サンゴには色んな種類のチョウチョウウオ系がいて、景色とともに気持ちよかったです。

権現崎ではイシモチ系幼魚の群れや熱帯魚も気持ちよかったのですが、今日は特大タコ!
今まで見た中で最大でした。
頭は人間の頭と変わらないくらいで、吸盤のでかさといったら・・・
ちなみにたこ焼き500個は余裕でいけるかな??
円月島&権現崎ビーチファンダイブ|11/22/2007南紀白浜
こいつと格闘すること20分(たぶん)!
興奮しました(^^♪
近くにいたクエの画像はご一緒したT中さんによる一瞬のショット!
ミナミハコフグの幼魚も横にいたのですが、とにかくタコ対応がおもしろかった!!

そうそう、吐き出す墨の量も半端じゃなかったです(^_^.)

ここにご紹介の画像を含め、撮影した画像は下記フォトギャラリーページにまとめています。どうぞご覧ください。
2007年11月撮影海フォトギャラリー|南紀白浜スパダイブ
本日の海ログ
◎円月島:
(天候)晴れ
(水底温度)19.9℃
(透明度)10~15m
(主な生物)イッテンチョウチョウウオ、アケボノチョウチョウウオ、トノサマダイ、チョウチョウウオ、ツノダシ、ミスジリュウキュウスズメダイ、ソラスズメダイ、スズメダイ、ウツボ、ニザダイ、ヒレナガハギ、ハリセンボン、コロダイ、ツマジロモンガラ、コノハミドリガイ など
◎権現崎:
(天候)晴れ
(水底温度)20.4℃
(透明度)8~12m
(主な生物)クエ、特大タコ、ネンブツダイ幼魚群れ、アジ、ミナミハコフグ幼魚、フウライチョウチョウウオ、トゲチョウチョウウオ、チョウチョウウオ、ヒレナガハギ幼魚、ツノダシ、コケギンポ、テンクロスジギンポ、アオヤガラ、キヘリモンガラ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ソラスズメダイ、ユビノウハナガサウミウシ、ニシキウミウシ など

VAN HALENなどスーパーバンドの再結成は親子共演とか

T中さんとは、ダイビング終わってから店内にて恒例になってるギター遊び。
ツェッペリン、フリー、クラプトン、AC/DC、・・etc

ツェッペリンはイギリスで再結成ライブがあるとか。
オリジナルメンバーの無くなったドラマーの息子がドラムたたくとか。

そういえば、VAN HALEN(ヴァン・ヘイレン)も再結成してライブもしたみたいです。

こちらもギターのエディー・ヴァン・ヘイレンの息子であるWolfgang Van Halenがベーシストになり。
つまり楽器隊は3人全員がVAN HALEN兄弟親子で文字通り...。

さらに、エディーが弾いてるギターもEVH(EdwardVanHalen)ブランドの『Wolfgang』モデル。

スバラシイ(/・ω・)/

Wolfgang WG Standardは、エディ・ヴァン・ヘイレンが指定したスタイルと壮大なスケール感のサウンドを実現するお求めやすい価格のモデルです。 Wolfgang WG Standardはよりハイグレードの上位モデルと共通の機能を多く装備し、バスウッドのボディに、演奏性を最大限に高めるための特別な「コンフォートカット」コンターが施されています。ボルトオン式のベイクドメイプルネックとグラファイト強化ロッドは温度や湿度の変動に耐性があり、ネックテイルに位置するスポークホイールが迅速かつ容易なトラスロッドの調整を可能にします。その他の特徴に、快適なプレイアビリティとスピードを追求し、オイルフィニッシュのネック背面、丁寧なエッジ処理がされた12インチ〜16インチコンパウンドラジアスベイクドメイプル指板に22ジャンボフレットと黒のドットインレイをフィーチャーしています。

そして、なんといってもデイブ・リー・ロスが22年ぶり(?)にメンバー復帰。
日本でライブやるなら絶対行かないと!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事