ファイル sea20061011.jpg

本日の海ログ
◎沈船:
(天候)雨(水底温度)25.3℃(透明度)12~15m
(主な生物)キンメモドキ大群、タカベ大群、イサキ群れ、カンパチ、クロホシイシモチ群れ、イワシ群れ、ヨスジフエダイ、アジ、アカヒメジ、オオモンハタ、カゴカキダイ、ハナミノカサゴ、イラ、ワカウツボ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、オトヒメエビ、オキゴンベ、ブダイ、コロダイ、アオリイカ、など
◎千石丘:
(天候)くもり(水底温度)25.3℃(透明度)12~15m
(主な生物)ネジリンボウ、スジアラ、ハマフエフキ、イシダイ、レンテンヤッコ、シラコダイ、スズメダイ、キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ニザダイ、ミギマキ、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ など

今日はレックSPの仕上げ。
朝一のボート出港時になってどしゃぶりの雨。
しかも今日も半袖ウエット・・・
こうなってくると、ボート上より水中の方が暖かいハズ。っと案の定水に飛び込むと「モワー」っと温かったです。

そして水中は!
昨日にもまして透明度UP!!
沈船では一番いいところで透明度20mはあったと思います。
相変わらずのキンメの大群に加え、蛍光イエロー色のラインが美しいタカベの量の多いこと!
イサキの群れと合わさって、カンパチにず~っと追い回されてて、沈船上の中層も魚群フィーバー!!
安全停止中まで魚群に巻かれて休む暇無し・・

っと、今日は沈船内への潜入ダイブを2ダイブでした^_^;
そうそう、沈船内部もイシモチなんかの魚でいっぱいだった。
水中ダイブというより魚群中ダイブといった方が・・

そういえば、課題の潜入用ロープの水中結び。これまた魚が邪魔で・・・
そして船内では移動するごとに何故か真っ暗闇空間が増えたり・・
3人とも色んな体験ができて良かったですね。

とはいえ沈船ダイブばかりだったということで、コース課題終了時点で一旦エキジットして余った時間を別のポイントへ移動して潜ることに。
行き先は千石丘。
こちらもきれいでした。
特に砂地はさながら沖縄を思わせました。
ネジリンボウにまで会えてたっぷり満喫の1日でした。

S本さん、M本さん、A生さん2日間ありがとうございました。
各々が各々とも何か得るものを持って帰ってくれたみたいで嬉しいです。
またご一緒しましょうね。

話は変わって、
まことに勝手ながら、明日明後日の2日間は私用でお休みさせていただきます。
14日(土)はお店は開ける予定ですので電話受付もしておりますが、その日のダイビングについてのみお休みとさせていただきます。
ご了承くださいm(__)m

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事