最近よく読んでるブログなんですが、藤沢氏の金融日記でスパコンについてすごくわかりやすく書いてくれてます。

「金融日記:スーパーコンピュータと核兵器と私」

読みながら大学時代に研究室でやってたことを思い出しました。
といってもやってたことは天と地ほどに開きがありますが・・・

非線形力学とカオス」ってのを研究テーマにしてたんですがね。
(結果的に当時の助教授の学会発表用資料を作っただけってことしか覚えてませんが)
研究データ作成ってことで、研究室のNEC98を5.25インチのフロッピーで立ち上げてシコシコ数値計算させてました。
それこそ、パソコン走らせっぱなしで、1日ごとの結果をプロットアウトしながら数日間を費やし・・・

アレを今のスパコンで走らせたら数秒で終わってしまうんだろうな~・・・

まあそんな個人的なことはどうでもいいんですが。
約270億円(?)も要求してるんですね~、これに。
国民の税金からだすの苦しいってことなんだろうから、別も当たってみればいいのに。
NECや日立は撤退したくらいだし、どこもそんなに出してくれないかな。

一方でこんなのもあった。

<スパコン>長崎大の浜田助教、3800万円で日本一の速度達成 安くても作れ、事業仕分けにも一石?(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

270億円もかかるような「凡人にはできないすごいことやってるんだから、費用は国民で負担しろよ!」みたいなことだったら誰も納得しないと思うよ。
額が額だけに、税金投入を望むんなら、ちゃんと全国民が納得できる何かが必要だと普通に思うんだけど。
それとも、口外できない核兵器開発とかやってるんだろうか?

だいたい税金投入が無理になったとしても、ほんとにやりたいことなんだったら自費で、もしくはだれかに出資してもらってやればいいんじゃないの?

実際、個人出資で宇宙開発なんてことしてる人もいる時代なんだし。

「政府に頼るのをそろそろやめないか。|堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」by Ameba」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事