YAHOOsrchBox
HOME>インストラクターコース案内>インストラクター(IDC-OWSI)

PADIオープンウォータースクーバインストラクターコース(IDC-OWSI)案内
和歌山県南紀白浜のPADI/JUDFスキューバダイビングスクール-スパダイブ

※PADIのインストラクター開発コースは2012年一杯までで終了しました。
2013年以降現在、インストラクターコースについてのみはPADIとしての開催は行なっておりません(EFR、DANも)。 2013年以降のインストラクターコースに関しましては、詳細内容決定次第更新予定です。


■一般的に呼ばれている”インストラクター”への道はこのコース!

概要

このオープンウォータースクーバインストラクター(以下OWSI)開発コースは、インストラクターディベロップメントコース(以下IDC)の後半部分にあたり、 PADIのインストラクター総合開発プロセスの中で最も磨きぬかれた最先端部分です。

IDCは、前半パートであるパート1(AI部分)と後半パート(OWSI部分)との2部構成になっています。
PADI-OWSI認定カード

(当然、AIコース終了済のアシスタントインストラクターは、IDCの前半を終了した証明になります)
IDC(OWSIコース含む)を終了した候補生は、担当コースディレクターからのIDC修了証明により、PADIが開催するIE(インストラクター・エグザミネーション)への参加資格を取得し、 そのIEに合格することにより、はれてPADIインストラクター誕生!となります。


スパダイブ、エウレーカダイビングカレッジが開催するIDC(インストラクター開発コース)は、
IE(インストラクターエグザム)に合格する為だけの講習パフォーマンスのノウハウ講習でなく、自然なダイビングの質を身につける為の開発コースです。
そしてOWSIパートは、インストラクションのスキル、知識といったマニュアルの知識を現場で生かすための 工夫、技術を教えるだけで無く、これからも変化していくであろうダイビングスタイル、ビジネスに積極的に取り組んでいくコースです。

主旨

PADIインストラクターになるための、AIプログラムの次なるステップとして用意されているのがOWSIプログラムです。 最低限4日間にわたって開催されるOWSIプログラムの内容は多岐にわたっていて、ダイビング業界の構造とマーケットの動向を大局的に把握することから始まり、 PADIのコースとプログラムの規準の確認、各々の指導要領と運営手順をひとつひとつ詳細に取得していきます。 そしてオープン・ウォーター・ダイバー・コースを実際にインストラクションすることを想定して、 知識開発、限定水域ダイブ、オープンウォーター・ダイブについて、それぞれプレゼンテーションを実施します。 評価項目は多岐にわたりそれらをすべてクリアした人だけが、その後のIE(インストラクター・エグザミネーション=PADI開催)に望むことが許されるのです。 また、OWSIプログラムはPADI以外の指導団体のインストラクターからPADIインストラクターにクロスオーバーするためのプログラムでもあります。 すでにインストラクターである方なら、いままでの経験と能力を活かし、このOWSIプログラムでPADI教育システムの分析と理解をしていき、 その後のインストラクションのスタイルをPADIプログラムに順応させていくことを目標にします。(PADI WEB SITEより引用)


コース料金

・パート1(OWSI)のみ:¥115500-
・総合(IDC):¥183750-

(純粋な講習費です。 左記の費用のほかにダイビングフィー・宿泊費・食事・交通費・資格申請料・教材費・IDC登録料¥23.100がかかります。)

必要日数

・パート1(OWSI)のみ:最短4日間
・総合(IDC):最短7日間

コースへの参加前条件

1.ダイブマスターとして認定されているか、他のリクリエーションダイバー指導団体からリーダーシップレベルの認定を受けている。

(他の指導団体からのリーダーシップレベル認定とは、BSACクラブインストラクター以上、CMAS 2スターインストラクター以上、
NAUI・SSI・SAA等のインストラクターグレード2以上のことをいいます。その他についてはお問合せください)

2.年齢18歳以上
3.ダイビングに適した健康体であり、過去12ヶ月以内に行われたダイビング健康診断の病歴/診断書の提出。

病歴/診断書には医師免許を持つ医師が署名し、候補生がダイビングに適した健康体であることが記されていなければならない。

4.認定ダイバーとして少なくとも6ヶ月以上経過していて、60本以上のオープンウォーターダイブを行い(各々のログブックに記録されている)ディープ、ナイト、及びナビゲーションダイビングの経験を文書で証明できる。

事前学習に関する参加前条件

「インストラクター候補生ワークブック」の全IDCナレッジリビュー(16)を修了していなければなりません。

必要教材

◎PADIインストラクターマニュアル
◎インストラクター候補生ワークブック
◎エンサイクロペディア(ダイビング百科事典)
◎ダイビングナレッジワークブック
◎法律とダイビング
◎ベスト・オブ・アンダーシージャーナル
◎ビジネス・オブ・ダイビング
◎ピ−ク・パフォーマンス・ボイヤンシー・スペシャルティ・インストラクター・アウトライン
○プロジェクトAWAREスペシャルティ・プログラム・インストラクター・アウトライン
◎PADIオープン・ウォーター・ダイバー・マニュアル
◎リクリエーション・ダイブプラナー、ホイール及びテーブル、使用説明書
○オープン・ウォーター・ダイバー・クイズ&エグザム・ブックレット
◎アドベンチャー・イン・ダイビング・マニュアル
◎PADIレスキューダイバー・マニュアル
○レスキュー・ダイバー・ファイナルエグザム・ブックレット
◎PADIダイブマスター・マニュアル
○ダイブマスター・ファイナル・エグザム・ブックレット
◎水中キュー・カード:限定水域及びオープンウォーター
○限定水域レッスン準備スレート
○オープン・ウォーター・トレーニング・ダイブ・レッスン計画スレート
◎ログブック(プロ用トレーニングレコード)
etc.

インストラクターエグザミネーション(IE)

PADI本部による資格の客観的な認可の場です。

PADI本部のインストラクターエグザミナーという試験官達によってのみIEが開催されています。

ここでインストラクター候補生が、PADIインストラクターとして認定される条件を満たしていることを確認します。 エグザミナーは、広い範囲のトレーニングを修了し、定期的に開催されるアップ・グレードに参加し、常にその評価能力とスキルを維持しています。 正式に認可されたPADIのスタッフによってすべてのIEが行われるということは、その評価が客観的かつ公正で、一貫性が保たれていることを保証しています。 PADI OWSIとして認定される規準は、独断的ではなく明確です。 IEは2日間のプログラムで、学科、限定水域(プール)、海洋での講習能力やダイビング知識とスキルが評価されます。 IDCで培ったものを充分に身につけ、しっかりと準備することが、1回でIEをパスする秘訣です。(PADI WEB SITEより引用)