HOME>色んなダイビング>ステップアップメニュー>PADIダイブマスターコース(DM)

★★ PADIダイブマスター(DM)コース案内!★★
和歌山県南紀白浜のスキューバダイビングスクール-スパダイブ

■プロへの第一歩


◎コース風景等ダイブログはスパダイブログ-プロ:ダイブマスターをご覧ください。

◎コース料金についてはコース基本料金コースパック料金をご覧ください。


PADIダイブマスター認定カード

PADIダイブマスターコース(DM)

Q.ダイブマスターって何?

ガイドやインストラクターを目指すプロ志望のあなたのための入門コースです。

現地のガイドや講習のアシスタントができるようになります。
2004年からは「DSDリーダー」認定(認定後に4回以上の実習必要)を加えることで、体験スキューバダイビングを実施出来るようになりました。

PADIダイブマスターDSDリーダー認定カード

Q.このコース、どうやったら受けられるの?

18歳以上でレスキューダイバー以上の人が参加できます。

認定条件はコース修了者で60ダイブ以上(ログブックでの証明確認が必要)のダイブ経験を有する人がなれます。
(60ダイブというのは、コース終了・認定までに達成出来ればOKです)
まずはお問い合わせお申込みから。


Q.どんな人向けなの?

・水中ガイドのノウハウを学びたい人。
・グループの面倒を見たりすることが好きな人
・責任感の強い人
・スキューバダイビングの仕事に関わりたい人
・スキューバダイビングインストラクターを目指している人、etc

Q.何歳から?

18歳以上です。

Q.料金は?

・講習費:コース基本料金をご覧ください。
・海洋実習費(必須.講習毎に必要)・・・日程と合わせて詳しくはお問い合わせください。
・ダイブマスター登録申請料(必須.コース完了後の申請前に徴収預かり致します):¥20000(税別)
・教材料金

 1)ダイブマスターマニュアル(必須.申込時に必要)
 2)プロフェッショナルログ(必須.コース開始までに)
 3)ダイブマスタービデオ(必見.コース開始までに)
 4)ダイビングナリッジワークブック(必須.学科試験までに)
 5)エンサイクロペディア百科辞典(必須.学科試験までに)
 6)ダイブマスタースレートセット(任意)
 7)インストラクターマニュアル(必見.コース開始までに)
 ※教材について、1)2)は必ず購入必要。
 3)〜5)7)は持っている方や見ることが出来る方は購入義務はありません。6)は任意購入。
(インストラクターマニュアルはコース内の種類によって、見ていないとコース内容がわからなくなりますので、出来るだけ持つことを勧めます。)

講習風景

Q.必要な日数は?

人によって異なってきますが、実動日数で考えて最短でも7日前後は必要です。

ただ、内容が内容だけにジックリと日数をかけて進めた方が、しっかり身につきます。
希望日程や色んなことについて、気軽にご相談下さい。
まずは、お問い合わせから。


Q.テストはありますか?

あります。結構難しいですが、感覚的に分かるものも多いので、教材を活用してしっかり勉強してください。
学習効果が非常に高いのは上記教材の 1)4)5)です。

Q.必要な教材はなんですか?

上記「教材料金」の教材です。
全部を持つのがベストですが、ご相談・お問合せの上で決めていきましょう。

その他、OWD、AOW、REDの各PADIマニュアル&ビデオをお持ちでない方は入手が必要になります。


◎コース風景等ダイブログはスパダイブログ-プロ:ダイブマスターをご覧ください。

◎コース料金についてはコース基本料金コースパック料金をご覧ください。